20160919_日記(キャリアプランについて考える)

にしです。

とりとめもなく、ただの日記を書きます。

文章力向上したい。。

 

 

 

今日も某仕事について情報収集しました。

 

某仕事に就くためには資格が必要で、資格を取るためには学校に行く必要があります。

その学校はいくつかありますが、いずれも入学試験があります。

入学試験は学校にもよるのですが、筆記試験と志願書提出と面接があります。

 

志願書について。

志願書には、「経歴」「志望理由」「その学校を志望した理由」「将来像」を書くことになります。

特に将来像は重要とのことでした。

 

たしかに、将来像というのは重要だと思いました。

10年後20年後、具体的にどのような方向で仕事をしていくのか。どこで仕事をするのか。

自分の適性や、今の環境、経済的な事情、理想と実情を加味した現実的なライフスタイル、人生で何を優先して実現していくのか、等などから考え、

明確に自分の答えを出さなければ、具体的な将来像は見えてこないと思います。

そして、その将来像は、学校の志望理由や、仕事自体の志望理由に関わってくるところでもあるので、

的確な将来像を明確にすることは重要だと思いました。

 

ヤバい。

ぜんぜん将来像フワッフワ。ヤバい。

 

 

将来像がふわふわな一番な理由は、家族を優先するか自分を優先するのか決まっていないからだと思います。

 

結婚して家庭を持った場合は、

おそらく(私と配偶者に生殖能力があれば)子供を持つことを考えるでしょうから、

妊娠・出産・育児をしなければならなくなるため、

キャリアにブランクが開きます。

また、家庭を運営する一員となるのだから、

限りある資産の中で自分に投資するわけにはいきません。

家族のため、子供のため、稼がなければならないと思います。

よって、いい年した私が学校に通うなんてことは考えられないのです。

 

しかし、結婚しない場合は、話が違ってくると思います。

独身なんて身軽なものです。

資産の運用は私個人の問題です。

人生「失敗」して苦労しようが、苦しむのは私一人、自己責任です。

学校に通うという選択肢を持てると思います。

 

 

仮に、ここで結婚しないことを選択したとします。

その場合、その仕事に就いた私を想像するわけですが…

正直想像がつきません。オイ、なんで目指そうとしてるんだ、という感じですが。

(私は研究がしたいし、専門分野を学びたいし、一生テーマをもって学び続けたいし、その知識をいかして人の課題を解決して社会貢献していきたいだけなのです。。)

仕事内容を調べる必要がありそうです。

本読もう。。。

 

また、その仕事を目指す場合の、受験方法について考えてみます。

先の記事で、私は「仕事をやめて1~2年予備校に通い勉強する」と書きましたが、

他の選択肢もあります。

 

調べたところ、仕事を続けながら受験勉強をし、入学試験に合格した人もいるようです。

2年半や長い方は5年など、仕事と両立させながら勉強し続け、合格を勝ち取ったど根性ガエルのような方がいらっしゃいました。

 

仕事をやめて勉強した方だと、早くて数か月、長くて数年かかっているようです。

 

筆記試験は学力試験です。

ようするに入学試験に合格するだけの学力が用意できれば、

勉強方法はなんだっていいのでしょう。

 

ただ、入学試験に合格されている方が、東大や京大出身者、

またはその仕事に近しい分野を大学時代に学んでいた方、

理系の修士博士が多いので、

私の学力(文系学士ちゃらんぽらん)を考えると吐きそうにはなります。

仕事を続けながら・・・なんて姿勢では到底合格できない学力だとは思うのですが、

経済事情もあるためどのように取り組むかはよくよく考える必要があります。

 

 

 

 

・・・などと書いてみると、

考えるべきことや、調整することが多すぎる気がしてきますね。。

 

 

キャリアプランをまずはっきりさせないといけないと思うのですが、

彼氏に「将来的に結婚しようか、独身貫く覚悟で入学試験うけようか迷ってて・・・どうしよう・・・?」

とか相談するわけにもいかないので、

(逆の立場だったらビンタしたくなる)

10年後20年後に本当に何をしていたいのが、まずは自分の中ではっきりさせてから、

彼氏に話すべきですね。

 

でも彼氏は私とのことをどこまで考えているのか図りかねるし・・・

 

などと考えていると、鶏が先か卵が先かという話になってくるので、

もやもやします。

 

 

もう今日は寝る。

 

 

 

今日の進捗

勉強:0

他 :キャリアプランまとまらない